CARAMEL MUSEUM day4

初日大雨の土曜日以外には追納やら小冊補充やら毎日池袋の会場に出向いた(笑)。元々委託販売のイベントにはスタッフさんにお任せして、会期中は1回ぐらい様子を見に行けば良いと思ったけれど、作品がびっくりするほど瞬時に迎えられて、今日はまさかの3回目追納!

今までの委託販売イベントの経験はあまり作品が売れない印象だったから、個展の時と比べて大赤字でいつも落ち込んでいたが今回は真っ逆で個展ほどの売り上げを達成しました。しかも単価高いバッグが置いたらすぐにお迎えいただいた、本当に感激!

さて、売れる売れないのは運次第かもしれませんが、私なりに分析してみました。まずは主催やサポートの情熱の差。

  • 個展の場合、LUPOPOさんが全力でサポートしてくれてRTで沢山宣伝してくれたおかげで、情報が広がり、個展期間中の売り上げに繋がった。
  • CARAMEL MUSEUMは主催のCCCさんは数回イベント主催経験からサポートによる追納の声かけタイミングをしっかり把握してくれて、早い段階で人気作追納ができて売り上げに繋がった。

また、個展の時からまめにツイートすることも重要だともっとはっきりしました。とにかく1日数回、作品の情報を流す。それを主催側がRTしてくれるから、狙ってくれるお客様も情報を把握して、いざ迎えると思ったらすぐに作品をゲットできる。

もう一つ大きいポイントといえば、一点作品は迎えられても、作品について最後に語れる。とにかく1点もの貴重さ、訴求、アピールを繰り返す。今回の経験からもう一つ成長したと思います♪

By Good Taiwan

「Good Taiwan」は、台湾花布を使ってオリジナリティの高い可愛い雑貨作りを目指した台湾人クリエイターのアトリエです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください