作品撮影の心得

カメラ設定を弄るより構図を考える

一眼レンズカメラ初心者はきっと複雑な操作に困っていると思います。カメラの使い方と概念が理解できず、簡単に撮れるスマホケースで撮影するのが普通。スマホケースはもちろんプロのカメラに叶わないけれど、プロ技がなかったら構図で勝負!

ネット販売中心展開する店舗にとって写真の質が命です。誰もか最初から写真が撮れる訳がないので、撮影を繰り返してテクニックを磨くのです。一つの作品は違い雰囲気で違う角度撮って比べたら、きっと作品のよさが一番わかる撮り方が見つかると思います。

Point1

撮影用のコーナーを準備する事。必要であれば什器など導入して撮影を試すのがベスト。実際目で見るのと写真に写る感じが大分違うので撮影を繰り返してバランスを掴もう。

ディスプレイ什器
lupopo撮影現場

Point2

撮影現場を見学したり、好きな撮影作品から構図や雰囲気演出を学ぶ。テクニックは自分の撮影に取り込むといつか自分らしい写真が撮れます。

写真は撮れば撮るほど、上手になる。

By Good Taiwan

「Good Taiwan」は、台湾花布を使ってオリジナリティの高い可愛い雑貨作りを目指した台湾人クリエイターのアトリエです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください