personal exhibition vol.3 5日間を振り返る

Good Taiwan3回目の個展「台湾情緒溢れる5日間」あっという間に終了しました。

3回目の開催で準備や宣伝などのコツがわかってきて1回目に比べたらだいぶ進化して来ていると思います。2回目の時にも思ったらけれど、割と作品のジャンルが大幅に変わって同じ人が開催した個展に思えないほどの変化(笑)。とにかく雑貨や小物をやめて利益が取れるバッグを作るようになりました。

去年イベントに参加した時にアクセサリーエリアへ進出しようと考えたけれど、バッグエリアの方からアクセサリーはあまりにも競争が激しく、利益の少ないため数で勝負する世界では大手の作家さんに到底叶わずに赤字の続きです。なので、単価の高いバッグの方が黒字になりやすいとアドバイスをいただきました。

簡単そうに言われていますが、売れるバッグを作ることも機運とテクニックが必要です。一時的に戸惑ってやりたい放題にしてアクセサリーを作ったけれど、たしかに沢山可愛いアクセサリーラインナップの中、自分のアクセサリーをアピールする事の厳しさを感じた。一方で機運を掴んだねこみみをバッグにするアイディアの評判が良かったので、少し希望を見えました。もちろんアクセサリーは趣味でまた作りたいと思うけれど、しばらくはまだ競争のない布バッグの世界でとりあえず名を上げて頑張っていきたいと思います。

と今回の個展でさらに現実的なことを思い知ったので個展をやってよかった!

By Good Taiwan

「Good Taiwan」は、台湾花布を使ってオリジナリティの高い可愛い雑貨作りを目指した台湾人クリエイターのアトリエです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください