バッグの概念を覆す

一応昨日の話の続き。

台湾花柄の作品は素敵、可愛いと思う方が多いけれど、なかなか使う勇気がないようです。

  • 年齢的に厳しそう
  • 派手すぎる
  • コーディネート難しい

結論:似合わない。と決めつけ、手に入れるか?躊躇う。

以上が友人の分析。

今後の宣伝について、バッグなのにバッグとして使わなくてもバッグの概念を覆す、斬新な理論を考えてみました。

  • アクセサリーのように実用性のない、ただ可愛いから映えのため、バッグには何も入れなくても、ただ肩から下げるだけでいい。
  • インテリア飾りとして、外へ持って行かなくても、部屋に置くだけでいい

結論:欲しいから手に入れたい。ショッピングはこれだけで成立です。

By Good Taiwan

「Good Taiwan」は、台湾花布を使ってオリジナリティの高い可愛い雑貨作りを目指した台湾人クリエイターのアトリエです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください