ハンドメイドは趣味であって仕事

最近は少しモヤモヤしています。ハンドメイドを正式に活動して以来はずっと矛盾な思いを抱えていて、なんとも自分に問いながら正確な答えを見つけるよりは、自分に一番合いそうなやり方であるように少しずつ修正して進んでいます。

多分ハンドメイドをしている作家さんはみんな同じ悩みをしているだろう。ハンドメイドで食べて行きたいには売り上げを上げて利益を得るに必死でやらないと難しいです。現実に追われてしまったら全然楽しくやって行けない。お金のためにやっているため、ある程度の妥協は必要になり、好きな事を犠牲になり、全くやる気がなくなると次は諦めてしまいそうです。

ハンドメイドは仕事?趣味?趣味なら販売に出す意味はなんだろう?仕事なら利益を上げるために苦手な事もやらないと目標に達成できない。一人で全部こなすのはいつも限界を感じる。作品が売られたら純粋に嬉しいけれど、またすぐに現実のストレスを感じて落ち込む。

最近はまた値段のことで悩んでいます。「ほかの所は安いのに、こんなに高いものは売れない」と言われたら、正直辛いです。大量あれば安くして沢山売りたい。でも大量に作れない。価値をアピールに高い値段設定していても知名度がないといつ売れるかわからない。ああ、難しい。

By Good Taiwan

「Good Taiwan」は、台湾花布を使ってオリジナリティの高い可愛い雑貨作りを目指した台湾人クリエイターのアトリエです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください