ねこミミ誕生物語

猫好きにはたまらない

台湾花柄生地でスマホケースを作る前に、最初にできた作品はポーチでした。ハンドバッグ型紙ブックを参考しながら、台湾花柄の魅力をアピールできるポーチ試作を繰り返した先、たどり着いたのは「ねこみみ」。

確かに一番最初は本体もみみも同じ花柄が作っていました。完成した作品は悪くないけれど、どこか足りないような気がします。そう、可愛いさがたりません!そこでみみの部分をちりめん/刺繍絹織物に変更、さらにふわふわキルト接着芯使用。

こうして理想のねこみみが出来あがりました!

本体に使う花柄は拘りのゴールドライン付きの柄をメインに使用していたが、通常の掌に載せて丁度よかったサイズでしたら、多少派手な柄でも全然行けると思ったので、生地の組み合わせはどんどん大胆に!

ねこみみの魅力は、一度手に載せれば分かる。このふわふわ柔らかい触感、可愛いらしい耳に思わず胸キュン!

2020の1月、初めてねこみみを知人の駅内販売スタート僅か1週間で納品した3個とも完売、4月の「猫と花見」企画展に1個出品して見事にご縁の方に迎えられました。そして6月個展でも出品した3個の作品完売。その後納品してまもなく完売している実績を持ち、ねこみみのさらなる進化を考案。

手持ちのサイズより、もっと大きいサイズが欲しい

展示会現場、ねこみみの可愛いさに虜になったお客様から、是非違うサイズを作って欲しい声が!

サイズが大きくなればなる程、柄の出し方が重要になります。ミニサイズはバッグの中に収納できるので、多少派手でも大丈夫だけれど、バッグサイズになってきたら、やはり柄を控えめの方が良い気がします。そこで使える生地が限られて、バッグサイズに似合う柄を調達中。

サイズ以外にみみにファスナーを加え、収納に活かす機能も考案中。さらなる進化するねこみみを是非期待してくださいね!

By Good Taiwan

「Good Taiwan」は、台湾花布を使ってオリジナリティの高い可愛い雑貨作りを目指した台湾人クリエイターのアトリエです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください