バッグ職人を目指したくなった

2019年7月creema主催のハンドメイドイベントHMJに参加したきっかけに本格的にハンドメイド活動をスタートしました。当時の作品はメインスマホケース以外に、カルトナージュの雑貨、そして手のひらサイズまだマチをつけられないガマ口タイプの印鑑ケースほどの小物だったので、イベント会場のバッグエリアに置いで小物しか展示しない奇妙なブースでした。

一時的にアクセサリー作家になろうとアクセサリーも作ってみたけれど、アクセサリーの競争が激しく、バッグ作家から単価の高いバッグを作った方が利益が高いとアドバイスをもらって去年初の個展に巾着ねこみみを作って、その次の個展にさらにバッグサイズのねこみみを出品、とても良い評判でした。

ねこみみメインに作ってもいいかもしれませんが、やはり同じぐらい売れ筋になる作品を多く出した方がいいと思っていろんなバッグや巾着を作るようになりました。アイディアが湧くときは本当に寝る時間を削っても作業したいぐらい、ハンドメイドに熱心になっていました(笑)

もう少し売り上げを上げる作戦をこれから立ててみますので、とりあえずお気に入りのバッグを月最低4個在庫作って販売するようにしたいです。そうすれば、イベントがいきなり決まった時にすぐに展示に回せる作品を用意できるし、オーダーのスケジュールも延長せずに順調にこなせると思います。

スマホケース職人でありながらバッグ職人にも目指します。

By Good Taiwan

「Good Taiwan」は、台湾花布を使ってオリジナリティの高い可愛い雑貨作りを目指した台湾人クリエイターのアトリエです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください