ハンドメイド歴1年の心得【発信編】

ハンドメイド歴1年の心得【発信編】

今日は高円寺creamへ納品に行ってきたので、その時に撮った写真をアイキャッチ写真に。


ハンドメイド活動において作品製作と平等に進行しなければならないことといえば宣伝活動である。企業で動いている場合、クリエイターは製作に専念していれば、宣伝担当の人は勝手宣伝してくれるし、作品製作以外のことを気にしなくて良い。

一方で個人でハンドメイド活動しているとそうはいかない。製作も宣伝も自分で頑張ってやらないとなかなかハンドメイド活動は壁にぶつかってしまう。現在の生活が便利になりすぎたせいで、選択が多い。作品が良ければ売れる時代じゃなくなったので、作品の良さをより多くの人に知ってもらいように宣伝活動を行う。

広告予算のない個人のハンドメイドは、唯一できる手段といえばSNS。

  • Instagramの場合:ホームページか、ほかのルート経由でたどり着くので、ある程度知名度がないとなかなかフォロワーが増えない。Instagramの情報を広げるには、Instagram以外のコンテンツで宣伝したり、Instagram広告をかけたり、初心者ハンドメイド作家さんには向いていない。
  • Twitterの場合:同じTwitterユーザー同士の間でどんどん広がっていく。きっかけさえあればRTによって情報の拡散力半端ないから、毎日頑張って発信を繰り返していればファンが増える。

コミュニケーション下手の私はできるならば、孤独なクリエイター気取りでいたかった。毎日10回以上ツイットしなさいと花井さんから言われた時に、地獄を感じた。その後、頑張ってネタを探してツイットを頑張っていたらだんだん慣れてきてもうツイットする事が日課のようになっている。

いきなりツイット増やせと言われたらきっと戸惑うだろう。簡単にツイットできればとっくにやっていると思う(笑)。それでは私のおすすめのツイートネタを!

  1. 朝最初のツイートはおはようございます:挨拶なら、みんな優しく挨拶代わりに「いいね」をしてくれる。写真付きで、簡単に一言を発信しましょう。時間になったら「こんにちは」と「おやすみ」も是非。
  2. 製作風景:動画にする方が多いけれど、私はあえて構図を拘った写真がおすすめ。人気作家さんの作業台はいつもおしゃれに見えるのは狙って撮った写真だと思う(笑)
  3. お品書き:まとめて一気に1回のツイートでお知らせする方もいると思うけれど、作品1個につき1回ツイットしてみましょう。文字数が限られた分、1個の作品なら説明するに十分だよ。
  4. 自分がタグ付けられたツイットを上手く利用する:皆さんは自分の関係のあるツイットをとりあえずRTをするのみ。ここはもう一度コメントや関連写真付きのRTもしてみましょう。コラボのように見えるので宣伝効果を期待できる。
  5. 販売された作品をまめにお知らせする:この作品は販売されたお知らせはいかに重要でまだ検討中の方の背中を押すような感じになる。私ならいつもsold out商品ばかり欲しくなって似た作品が出たら即刻購入タイプ。

ツイットすればするほど、人気度が上がり、さらに載せる写真や文字を工夫すればファンがつきやすくなる。また次の機会で写真についてお話ししましょう。

By Good Taiwan

「Good Taiwan」は、台湾花布を使ってオリジナリティの高い可愛い雑貨作りを目指した台湾人クリエイターのアトリエです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください